株式会社シビルソフト開発

更生複合管の構造計算 SPRana −液状化の検討

 設計地盤が地下水で飽和した砂質士および軟弱な中間土で構成されている場合、その地層の液状化の可能性の有無について判定を行うことが可能です。

   

・ 液状化層と判定された場合の各層の液状化による沈下量を算出することが可能
・ 液状化に対する抵抗率FLの値に応じた耐震設計上の土質定数の低減係数の算出を行うことが可能。
・ 深さ20m以浅の設計地盤全体でどの程度液状化する可能性があるか評価する液状化指数PLを算出することが可能。

   

    

・ 液状化の判定、液状化による沈下量、土質定数の低減係数および設計地盤の液状化指数を画面により確認可能。
・ 照査結果は、報告書形式で出力することが可能で、Microsoft Office Wordへの出力も他のCivilPlazaシリーズと同様にサ
  ポート。

「更生複合管の構造計算 SPRana」の概要へ戻る


    管理               

---