株式会社シビルソフト開発

製品情報 > ボックスカルバートの構造計算の主な機能〜 Ver3.1

現在リリース中の商品 「ボックスカルバートの構造計算 Ver3.0」 のバージョンアップを行い、
 「ボックスカルバートの構造計算 Ver3.1」 をリリースいたします。

商 品 名 ボックスカルバートの構造計算Ver.
リリース日 : 2010年5月27日 出荷開始

-----2010年8月31日注文分まで 優待価格適用--------------------------------------------------------------------

  ● ボックスカルバートの構造計算 Ve1.0/Ve2.0/Ve3.0  ⇒ ボックスカルバートの構造計算 Ve3.1 
                          バージョンアップ 注文書  : 平成22年8月31日迄        こちらから >>> PDFファイル
                          バージョンアップ 注文書  : 平成22年9月 1日以降    こちらから >>> PDFファイル
                                    ※ Ver1.0からVer3.1への バージョンアップは 平成22年12月31日で終了させていただきます。
<<ボックスカルバートの構造計算バージョンアップVer3.1 価格>>

            商品名

   バージョン移行

  平成22年8月31日迄
      優待価格
   平成22年9月以降
     通常価格
    ボックスカルバートの構造計算 Ver3.0 → Ver3.1       30,000円
   (税込31,500円)
     40,000円
   (税込42,000円)
    ボックスカルバートの構造計算 Ver2.0 → Ver3.1      110,000円
   (税込115,500円)
    120,000円
   (税込126,000円)
    ボックスカルバートの構造計算 Ver1.0 → Ver3.1      160,000円
   (税込168,000円)
    170,000円
   (税込178,500円)

 ※ 暗きょの耐震設計 Ver1.0 → ボックスカルバートの構造計算 Ver3.1へのバージョンアップは、平成22年12月31日にて受付を終了させていただきます。
 ※ ご優待価格での販売期間は、平成22年8月31日を持ちまして終了とさせていただきます。優待期間終了後は、通常価格での販売となります。
 ※ VerUpリリース時点で対象ソフトの保守サービスに加入済みの場合には、無償対応となります。
 ※ NetManageでご使用の場合には、別途ライセンス更新料が必要です。
 ※ 商品の発送は注文書受付順にて順次発送となりますので、予めご了承ください。
 ※ その他ご不明な点等がございましたら、お近くの弊社営業所までお問い合わせをお願い申し上げます。

  

新機能紹介

ここでは、「ボックスカルバートの構造計算」 の新機能を紹介いたします。

本プログラムは、これまでに対応していた
  ・下水道施設の耐震対策指針と解説  1997年版(社団法人 日本下水道協会)
  ・「下水道施設耐震計算例 -管路施設編- 2001年版」(社団法人 日本下水道協会)
  ・「下水道施設の耐震対策指針と解説  2006年版」 (社団法人 日本下水道協会)
  ・「水道施設耐震工法指針・解説 1997年版」 (社団法人 日本水道協会)
  ・「土地改良施設 耐震設計の手引き 平成16年3月」 (農林水産省監修 社団法人 農業土木学会発行)
  ・「道路土工カルバート工指針 平成11年3月」 (社団法人 日本道路協会)
  ・「共同溝設計指針 昭和61年3月」 (社団法人 日本道路協会)
  ・「駐車場設計・施工指針 同解説 平成4年11月」 (社団法人 日本道路協会)
  ・「水道施設耐震工法指針・解説 2009年版」 (社団法人 日本水道協会)
に加え、機能拡張により新たに
  ・「道路土工カルバート工指針 平成21年度版 平成22年3月 (社団法人 日本道路協会) に対応しました。
新たに追加した断面照査手法を切り替えることにより、すべての指針に対応したボックスカルバートの検討を行うことができます。

 

「ボックスカルバートの構造計算」では以下の計算を行うことが可能です。

●常時検討
  ボックスカルバート本体 横方向の計算

●地震時検討
  ボックスカルバート本体 横方向の計算    ボックスカルバート本体 縦方向の計算
  人孔とボックスカルバート接続部の検討    ボックスカルバートの継手部の検討
  ボックスカルバート 浮き上がりの検討     液状化の判定
 

常時 ボックスカルバート本体 横方向の計算

常時における、ボックスカルバート本体の横方向の構造計算を行います。

 インバートタイプのカルバートにおいて底版のインバートを「仮想ハンチで照査する/しない」が選択できるようになりました。
      仮想ハンチとしない場合はインバート厚を含めた底版として断面照査を行います。
    

 

  せん断力照査時に、「ハンチの1:3よりゆるい部分」を 部材高として考慮することができるようになりました。

    

 

地震時 ボックスカルバート本体 横方向の計算

地震時における、ボックスカルバート本体の横方向の構造計算を行います。

 インバートタイプのカルバートにおいて底版のインバートを「仮想ハンチで照査する/しない」 が選択できるようになりました。
      仮想ハンチとしない場合はインバート厚を含めた底版として断面照査を行います。

    

 

 せん断力照時に、「ハンチの1:3よりゆるい部分」を 部材高として考慮する/しないを選択できるようになりました。

    

 

 地震力の作用方向を「左から右へ/右から左へ」 の選択を設け、非対称形のカルバートの検討を容易に行えます。
 周面せん断力の動的せん断変形係数を 、これまでの「埋設管のせん断弾性波速度により計算」/「埋設管の地盤変形係数より計算」/
      「実測値を入力」に加え、「表層地盤のせん断弾性波速度により計算」 が選択できるようになりました。
 頂版・底版の周面せん断力の算定位置を、「地盤との接触面」/「ラーメン軸線」 から選択できるようになりました。
 周面せん断力を地盤のせん断強度の最大値と比較する/しないを選択できるようになりました。

    


 断面照査に「せん断有効高さ」を追加しました。部材条件によりモーメントとせん断力の照査位置が異なる場合に対応しました。

 

お問い合わせ


  上記についてご不明な点が御座いましたら、お近くの弊社営業所までお問い合わせください。

   尚、上記記載内容につきましては改良のため予告なしに変更する場合があります。