株式会社シビルソフト開発

製品情報 > 更生アーチカルバートの構造計算の主な機能〜

更生アーチカルバートの構造計算は、アーチカルバートの更生工法のうち製管工法に対応し、更生されたアーチカルバートの断面照査を行うアプリケーションです。アーチカルバートの横方向について、土圧および自重などの固定荷重や活荷重より断面力を算出し、許容応力度法および限界状態設計法により既設部分と更生部分の複合断面の照査を行います。

     

 

既設アーチ基本条件

■アーチカルバート■
 形状および配筋スケジュールを入力することにより、さまざまな形状のアーチカルバートの計算が可能。
 すべての計算において、既設管部分を無視してモルタルのみで計算を行うことや断面照査に関わる部分のみ既設管を無視することが可能。
 また、円弧部・脚部、底版、底版ハンチの腐食量を考慮しての計算が可能。
■埋設条件■
 内水圧を考慮することが可能。内水圧は水位から算出するか水圧を指定するかの選択が可能。

既設アーチ配筋条件

■配筋スケジュール■
 鉄筋の配筋スケジュールは円弧部、底版、左側脚部、右側脚部に分けて入力。
 底版、左側脚部、右側脚部においては、端部と中央部に分けての入力が可能。
 既設暗きょの鉄筋量が「0」の場合でも計算が可能。

更生アーチ条件

■更生アーチの設置位置■
 隅部内面半径を入力すると、仮定ハンチ高さを内部計算で算出します。
 更生管の縦方向の設置位置を底版、アーチカルバート中心、その他の中から選択可能。その他とした場合は、任意の位置に指定が可能。
■材料条件■
 プロファイル、補強鉄筋、モルタルの材料を選択すると、各諸元値が表示される。

設計条件

■固定荷重■
 荷重係数を考慮するのチェックを入れると、算出した鉛直土圧等の荷重に、
計算条件で設定した荷重係数を乗じたものを設計荷重として計算を行うことが可能。
■断面力の照査■
 荷重係数を考慮するのチェックをONにすると、算出した断面力に、計算条件で設定した構造解析係数を乗じたもので照査を行うことが可能。
 せん断力を考慮するのチェックをOFFにすると、せん断力の算出およびせん断照査を省略することが可能。
 せん断照査時の有効高さを、外側縁から既設内側鉄筋と各補強材を加重平均した位置までと外側縁から最も内側にある鉄筋までの
2タイプから選択が可能。
 

計算条件

■限界状態設計法■
 限界状態設計法で使用する、材料係数、部材係数等の数値を任意に入力が可能。
■係数■
 設計条件の固定荷重において、荷重係数を考慮するとした場合、荷重タイプごとの係数を任意に入力が可能。
 

CivilPlazaシリーズと同じ基本機能・・・・

・Word出力など、他のCivilPlazaシリーズと同じ基本機能を有しておりますので、
 土質データも共有可能で操作も同じですので戸惑うことがなく使用できます。

■定価■                 600,000円(税抜き)

■保守料金(年額)■    40,000円(税抜き)

<注意> 更生アーチカルバートの構造計算は、保守サービスに加入・継続が必須条件となっております。